区分マンションの投資方法|リスクを回避するには

マンション

初心者は都市部を選ぶ

大都市にある区分マンションは、不動産投資に最適な物件となっています。地方の区分マンションに比べて、空室リスクが小さく、かつ、手間もかかりません。オーナーは何もすることなく安定収入を得られます。

低リスクで家賃収入を得る

女の人

区分マンション投資とはマンション一棟の中で一部屋分のみに投資したり、複数の部屋に投資してその部屋の入居者からの家賃収入を得る投資方法となります。区分マンションとして購入されるケースとして多いのが、ワンルームマンションやDINKS向けの1LDK物件などがあります。この区分マンションの特徴の一つは、マンションをまるごと一棟分購入する場合に比べて、はるかに少ない資金で始められるところにあります。一部屋当たりの投資金額を抑えられることから、不動産投資が初めてという初心者の方でも無理なく始めることができます。自己資金が少ない方でも購入できる物件がありますし、ローンを組んでも少ない借入金額で済むのでリスクが抑えられます。また、上記のように一部屋当たりの投資金額を抑えられることから、複数の区分マンションに分けて投資することができます。従って、全く異なるロケーションに異なるタイプの物件を購入することで投資におけるリスク分散が可能となる点も特徴と言えます。例えば、学生が多い街なら学生に人気のある賃料が低いワンルームマンションを購入する一方、共働きの多い都市部では1LDKや2DKの物件を購入するような場合が挙げられます。さらに区分マンション投資はリスクを抑えつつ、定期的な家賃収入が確保されます。従って、その収入をリタイヤ生活の際の年金の足しにしたり、サラリーマンの方なら給与収入を補うといったことも期待できます。

貯金箱

まずは不動産会社を探そう

区分マンション投資を始めるのであれば、まず、優秀な不動産会社を見つけましょう。そして、その不動産会社に優良な物件を探してもらえばよいのです。なお、物件情報をもらったら、早めに返信をするように心がけましょう。

積み木

賃貸管理にこだわろう

これから投資を始めるにも、区分マンションに特化して賃貸管理を行っている不動産会社を選ぶことが、投資を成功させるためのコツとなります。また、入居率や管理戸数、入居者に対するサポート体制をチェックしておくとよいです。