区分マンションの投資方法|リスクを回避するには

まずは不動産会社を探そう

貯金箱

早い反応が大事

区分マンションの投資では、不動産探しが重要なポイントとなります。初心者の多くは物件を探すことから始めますが、信頼できる不動産会社を見つけることが区分マンション投資を成功に導く近道です。不動産会社の良し悪しを見極めるには、実際に担当者に会ってみるほかに、不動産会社が主催している不動産投資セミナーに参加するという方法があります。不動産投資セミナーでは、その不動産会社の代表者や代表者に次ぐ実力者が講演することもあり、経営方針や理念なども垣間見ることができます。パートナーとするべき不動産会社が見つかったのであれば、希望条件を伝えて、区分マンションを探してもらいましょう。区分マンションの情報が不動産会社から送られてきたら、興味のない情報であっても、早めに返事をすることが重要です。不動産会社の担当者は、返信の早さによって、お客さんの不動産投資に対する本気度を計っていることもあります。希望条件にあった区分マンションと出会ったら、買付申込書を出すことになります。そして、売主と価格合意ができたら売買契約の調印となります。ローンを利用する場合には、不動産会社から情報をもらった時点で打診しておきましょう。ローン審査には3日から1週間かかります。売買契約の調印式が終わったら、最後に決済となります。購入代金の振り込みが確認できた後、当該区分マンションの鍵を渡されます。そして、司法書士が所有権移転登記をすることによって、すべての手続きが終了します。