区分マンションの投資方法|リスクを回避するには

賃貸管理にこだわろう

積み木

管理戸数を確認しよう

将来の資産運用のために区分マンションを利用して不動産投資を行う際には、賃貸管理を委託する不動産会社にこだわることが大切です。賃貸管理を委託する不動産会社によって、不動産投資における空室リスクは大きく変わります。賃貸管理業を行っている不動産会社の良し悪しを見分けるポイントはいくつかあります。まず、第1に挙げられることが区分マンションに特化しているということです。区分マンションに特化している不動産会社は、その分、より多くのノウハウも保有しています。第2に挙げられることが、入居率が高く、かつ管理戸数が多いということです。入居率とは、その不動産会社が受託している区分マンションにどれだけの入居者がいるか、ということを表しています。例えば、1000戸の部屋のうち900戸に入居者がいれば入居率は90%ということになります。ただ、入居率が高いだけでは実力がわかりません。より多く管理をしていて、そのほとんどが入居中であるということが重要なポイントです。少なくとも5000件以上を管理している不動産会社を選ぶとよいです。第3に入居者に対して24時間のサポートを行っているということです。入居者が困った際にすぐに連絡が取れる体制が整っていれば、入居者の不満が高まることはありません。これらの条件を満たす不動産会社を選べば、区分マンションにおける不動産投資で苦戦することはありません。また、良い不動産会社をパートナーにすることができれば不動産投資を加速させることもできます。