区分マンションの投資方法|リスクを回避するには

初心者は都市部を選ぶ

マンション

早めに行動しよう

不動産投資の中でも区分マンションはかなり手掛けやすい投資対象です。区分マンションの価格はエリアによって大きく異なってきます。大都市の中心部であれば、1000万円から2000万円程度の価格帯のものが多いですが、地方の都市部から離れた地域の区分マンションになると、数十万円で売られていることもあります。不動産投資の初心者であれば、大都市の中心部の区分マンションを投資対象としましょう。なぜならば、比較的空室リスクが小さいからです。数十万円で売られている区分マンションは入居者を確保できることができれば、かなりの高利回りになりますが、賃貸管理会社任せでは、入居者は決まりません。オーナー自身に入居者を確保できる自信や算段がなければ避けておきましょう。一方で、大都市の中心部の区分マンションは賃貸管理会社任せで入居者を確保することができます。また、家賃も安定的です。つまり、大都市の中心部の区分マンションに投資をすれば、オーナーは手間をかけることなく安定した収入を確保できるというメリットを得られるのです。現在、大都市の中心部では人口流入も起きています。そのため、今後しばらくは賃貸需要が下がることなく、区分マンションの資産価値も維持もしくは上昇すると予想されています。不動産投資を始めようとしているのであれば、早めに物件探しをした方がよいです。じっくりと考えているうちに区分マンションの価格がじわじわと上がっていってしまいます。